masiro2nd’s diary

前向きな事をあまり考えられないみたいです。ADHD。2018年に双極性うつの診断が下りリーマス服用中

恥ずかしくて消えたくなる

支援者と一緒に障害者支援のアートセミナーに行った。

講義とアートワーク、アートワークでは実際に絵を書いてみましょう、ということで

画材などが並んでいた。

行く前に支援者が「ましろさんはお花の仕事もしているし、主催者さんもそういう話すきなんじゃないかな、注目されるかも」という事を言った。

いやーどうですかね・・・と濁したけど

誰かに仕事や絵の話をしたいという気持ちはあった。

ワークで絵を書き始める。

持ち時間が10分しかない。

段取りが苦手な私は結局半端にしか書けなかった。

主催者から絵について声を掛けられたのは

支援者だった。どのような気持ちで書いたかを説明していた。

私は自分の絵を言語化できそうになかった。好きに書いたし、なんとなくこんな感じ・・・くらいの気持ちだった。

支援者は「こういう表現をしたかった」と見る人に伝えるために書いていた。

私はただの自己満足、人に見せるという意識もない。

私の絵は誰にも何も言われずセミナーが終わった。

帰り道、支援者は興奮気味にセミナーの事を語っていた。

私は自己嫌悪で一杯になっていた。

私の絵なんて誰の目にも留まらない。

 

極端な落ち込みが来るのは、

「自分の好きな事をしていたら無視される、どうでもいいという態度を取られる」あの感じが蘇るからだ。

例えば両親、例えば教師、例えば友達・・・

私が楽しむと面白くない顔をする人達がいた。今はもういない。

分かっているのに、あの感じはずっと残っている。「ああ、まただ」って思うのに気にしないようにはできない。

絵を書くことに罪悪感をくっつけそうになる。隠さないと、人に見せるから傷つくんだと考え始める。

そのようには考えたくない。