masiro2nd’s diary

前向きな事をあまり考えられないみたいです。ADHD。

パソコンが壊れてなんだかんだしてました

やっとネットにつなげるようになったけど、データを移したり設定したりと

やることが山ほどあって終わりが見えず、とても落ち込んでいます。

ADHDの私は「ゴールが見えないけどやらなければいけない」状況に弱いです。

(普通の人だって弱いだろうけど)もうそれはヘロへロになるのです。

そして今ヘロヘロになりながらこれを書いています。

 

前記事は相当参ってる時に書いたものですが今もそんなに変わりません

寂しい気持ちも変わりはないししにたみは私の気持ちの隙を見つけては

すぐもぐり込んできます。だから油断できない。

 

何かしてないと怖いというのもあるのだろうと思います。

最近では、ツイッターで見つけたチューリップ100球入りを買おうとしています。

ちょうど寒くなる今時期が植え頃だそうで、

順調に育てば春には咲くそうです。特別好きな花ではないですが、

以前同期にもらった朝顔が終わったというのもあり、安いので、いいかなと。

100球はとてもじゃないけど植えられないので、きょうだいや多分自分が通う予定の

作業所などに配ると思います。この配るっていうのが私は嬉しいんだろうなって思って。

 

今まではずっとひとりでいることが安心につながっていました。

誰にも自分と関わってほしくないと思っていました。

今まではどれくらい閉ざしたり開示したりしたらいいのか見当つかなくて

高い壁に鎧をまとって人と接していました。何がなのか分からないけど

私という人間がバレないようにしないと、と思っていました。

 

人と一緒にいても緊張したり窮屈な見栄を張ったりしなくなってきたら、

一人の反対は社交的、ではないと思えるようになりました。

少し、ほんの少しですが、他人との距離感が掴めてきた感じがあって、

自分が疲れない関わり方が見えてきたような気がしています。

 

人との繋がりが薄れている事が怖くなってきた、という気持ちは

私が少しづつ正常になってきている証拠なのだと思っています。

 

チューリップは、春まで私が生きていたら皆と一緒に見られるだろうし、

もし私がいなくなっても、咲いた花を見て私を思い出してもらえるかもしれない。

そんな気持ちでいます。