masiro2nd’s diary

前向きな事をあまり考えられないみたいです。ADHD。

nemotohiroyuki.jp

 

我慢したり、自己否定が強いと、それを上回るだけの情熱で褒められたい、と思うんです。
それは自分が情熱的である証拠。
でも、その情熱が内にこもってるともっともっと!になるんです。

 

「変に高いプライド」というのは「他者評価によって成り立つもの」なところなんです。
それが辛いところです。

誰かに評価されないと意味がなく、それも、相当なレベルでの評価じゃなきゃ「あたし、満足できないの(はぁと)」なんです。

それは切ないんです。

 

に向かうことができないエネルギーは内に向かいます。
情熱の女が内にこもると激しい自己攻撃が起こるんです。
コンクリートで固められた室内でダイナマイトを爆発させるようなもんですね。
相当激しい火花が飛び散り、どえらいことになります。

Hさんの自己攻撃の正体っておそらくこれだと思うんです。
外に向かえないエネルギーが内に攻撃性となって向かってる、という。

 

「愚民ども。あたしをもっと認めなさいよ!あたしを女王と崇めなさいよ!もっともっとあたしを承認しなさいよ!!ほら!カッモーン!!!!」

一度、本気で言ってみるといいですよ。ほんとに。
そしたらだいぶすっきりすると思うんです。

 

 

オラオラァ!愚民共!もっとあたしを認めなさいよっ!

両親は視覚障害者で身の回りの事を世話させられて、子供は介護要員くらいにしか思われてなくて、おまけに毒親で、機能不全家庭で貧乏で毒父は飲む打つ買うの屑で毒母は自己中なヒステリーで、姉みたいに勉強ができない、妹みたいに運動ができない、近所の子みたいに愛想が良くない、お前は穀つぶしだできそこないだ何で皆と同じにできないんだそんなんじゃ誰からも相手にされないで一生一人で生きてくようになるから、お前は高校行くなよ働け、ほんで家に金を入れて役に立て、って言われ続けて10歳の頃から自殺願望と自傷癖だけ立派に育って、15で父親死んだから県外の定時制高校入って学費自分で稼いで働きながら高校行って卒業したら国家資格取って高給取りになっても30手前になるまでADHDだって発覚しなかったから対人も仕事もめちゃめちゃ頑張ってもうまくいかなくて友達もいなくて心がおれちゃって鬱になって頑張って取った資格の仕事もできなくなって一気に貧乏になって底辺這いつくばってなあ!障害者として働きだしても差別ばっかされて!もう否定しかされなくて!親に褒めてもらったことなんかなくて!社会人になっちゃったからもうほんとに褒めてくれる人なんていなくなって!寂しくてダメンズに騙されてはむしり取られて!ますます自己評価落ちて!部屋に吊る用の縄もかけた事あるし精神科に入院もした、もうちょっとやそっと褒められたくらいじゃ焼石に水で一瞬で消えるんだよお!もっと褒めて!よく生きてきたねってマジそれぐらいに!認めなさいよ!私は頑張ったって!努力の塊だって!毎日毎日砂を噛むような虚しさに、自分の人生なんでこんなに辛いんだよって思ってるよ!でも生きてんだよ!つれえよぉって思いながら!頑張ってんの!いいから認めなさいよ!お前スゲーなって!いくらでも崇めていいから!ホラホラっ!!」

 

・・・はあはあ。疲れたからこの辺にしとくわ・・・