masiro2nd’s diary

前向きな事をあまり考えられないみたいです。ADHD。2018年に双極性うつの診断が下りリーマス服用中

引越し熱が高じてうつに転じる

私が躁鬱だから?

引越しは生活ががらりと変わる為ストレス負荷が高いとは聞いてるけど、

楽しみ!→もう無理かも・・・

って気持ちが急降下している。あーあ

不安を消そうと部屋のインテリアだとか色々考えて情報も集めてたけど

そういう考えすぎもうつになりやすいみたいで

なんかもう「私どうしたいんだ?」って感じになっている

お金も環境も大きく動く事が急に心細く感じたりして

めんどくさいな自分・・・って思ってる。

まだ鬱期を抜けてない。どうすりゃいいのか。

恥ずかしくて消えたくなる

支援者と一緒に障害者支援のアートセミナーに行った。

講義とアートワーク、アートワークでは実際に絵を書いてみましょう、ということで

画材などが並んでいた。

行く前に支援者が「ましろさんはお花の仕事もしているし、主催者さんもそういう話すきなんじゃないかな、注目されるかも」という事を言った。

いやーどうですかね・・・と濁したけど

誰かに仕事や絵の話をしたいという気持ちはあった。

ワークで絵を書き始める。

持ち時間が10分しかない。

段取りが苦手な私は結局半端にしか書けなかった。

主催者から絵について声を掛けられたのは

支援者だった。どのような気持ちで書いたかを説明していた。

私は自分の絵を言語化できそうになかった。好きに書いたし、なんとなくこんな感じ・・・くらいの気持ちだった。

支援者は「こういう表現をしたかった」と見る人に伝えるために書いていた。

私はただの自己満足、人に見せるという意識もない。

私の絵は誰にも何も言われずセミナーが終わった。

帰り道、支援者は興奮気味にセミナーの事を語っていた。

私は自己嫌悪で一杯になっていた。

私の絵なんて誰の目にも留まらない。

 

極端な落ち込みが来るのは、

「自分の好きな事をしていたら無視される、どうでもいいという態度を取られる」あの感じが蘇るからだ。

例えば両親、例えば教師、例えば友達・・・

私が楽しむと面白くない顔をする人達がいた。今はもういない。

分かっているのに、あの感じはずっと残っている。「ああ、まただ」って思うのに気にしないようにはできない。

絵を書くことに罪悪感をくっつけそうになる。隠さないと、人に見せるから傷つくんだと考え始める。

そのようには考えたくない。

まだ楽しい

アクリル画二枚目。

勘を頼りに書いてて早速(というか壁だらけで)思うように書けない。

楽しめればいいのだけど。

まだ書きながら楽しいと思ってるので続けられそうだけど。

イライラが多くなってきたら書かなくなりそうだ・・・

そうならないようにはしたい

(教室には行かない方向で)

紙パレットの節約になると思って

牛乳パックを使ってみたらこれが使い勝手が良くて

今せっせとためている

f:id:masiro2nd:20190207125525j:plain

人物は私には高度すぎるのかもしれない

f:id:masiro2nd:20190207125643j:plain

アクリル画2枚目。不透明絵の具の使い方に苦戦中

 

引越し熱(2年ぶり2回目)

今のアパートに5年くらい住んでいる。

障害年金と短時間のパートでも暮らせるところ、

家賃重視でここを選んで惹かれるところもないまま引越し、

3年目頃から不動産会社のHPで物件をさがすようになった。

仕事でフルタイム(今は休職明けのリハビリで短時間だが)働けるようになり、

年金の等級も上がって多少生活は楽になったが余裕は今でもない。

今は一部屋に全てのモノが集まっている。

ベッドと40型テレビが部屋を圧迫している。

次に住む所には、絶対二部屋欲しい。

食事するとこと寝るとこは別にしたい。

部屋に芳香剤を置いたらその香りの中で食事しなければならない今が嫌で仕方が無い。

休日家に居たら歩数計で50歩しかカウントされなかった。

絵を書く為のスペースもなく、息が詰まる。

一歩入れば突き当たり見渡せてしまう部屋。

収納も限られていて、それでなくても整理整頓できないADHDだというのに

綺麗な部屋にいつまで経ってもならない。

推しグッズは増える一方。

辛い、という気持ちが増していく部屋。

早く出たい。

 

上澄み

リーマスを飲み始めて、確かに気持ちの幅は均されてきている気がする。

感情に波風があまり立たなくなってきたので

どろどろとした不安や恨み、悲観する気持ちがコップの底にゆっくり沈んでいって

今の私はコップの上澄みをすくって生きている感じがする。

それは平和でとても味気ない。

現実味もなくふわふわとしている。

「生きている体(てい)」。

 

気が急くのにやはり何も手につかない日だった。

空になった牛乳パックを捨てようとして、そういえば紙パレットに代用できるかもしれないと思い、切り取っておいた。

 

インスタントコーヒーの小瓶がかわいらしくて、すぐなくなってしまうけど大きい瓶を買う気にならない。

 

おかずをつくりおきするのに出る野菜くずや鶏の皮などをまとめて大鍋で煮て濾す。ブイヨンみたいなものが出来る。味はつけず冷凍しておく。

 

後のことは元気になった私が何とかするだろう。

今は何とか繋ぐことしかできない。